日記・コラム・つぶやき

2024年2月18日 (日)

梅の季節です

僕のいちばん好きな「梅」の季節です。毎年この頃に必ずお伺いする駆け込み寺、蓮台寺さまへ。

Aume111

お庭と境内に何本か。年によって異なりますが、だいたいこの頃に。きれいですね。

Aume113

また本堂入口には龍年にちなんだありがたい言葉が書いてありました。

ここで一句✒

東風ふかば においおこせよ 梅の花・・・

Aume116

天神様の有名なうたです。菅公様とよばれる菅原道真公。福岡、大宰府の飛梅は1月中頃に咲きだすようです。そういえば祈願のピークですね。いやいやお礼参りかな。

2024年2月14日 (水)

今日はバレンタインデーだって

さて、今日は「バレンタインデー」ですね。詳しくは古代ローマ時代までさかのぼるみたいです。それこそかなり複雑。いろいろあったみたいで殉教などの言葉まで。キリスト教圏のお話ですが。

ここで一句✒

日本では 神戸が発祥 らしいです

それこそ日本では神戸の洋菓子メーカーの創業者の方が始められたと。ま、ドキドキもんですね、男の子は。息子に「14日はバレンタインデーだな(*'▽')」というと、ひと言「学校休み( 一一)」と。高校は推薦入試の日程でお休みだって(^^;)

2024年2月13日 (火)

はじめて

今のバイパス店、開業して約29年(たぶん💦)んで、この観葉植物はそのオープン当時から。葉などもなんどか散髪したり、それなりに手を掛けてはいましたが。。。

Ahan111

ここで一句✒

花が咲く みんなビックリ! 初めてだ

Ahan112

と。僕はよく知りませんでしたが、どうも花が点くのは初めてのようです。ちょっと驚きですね!!!

2024年2月11日 (日)

例会その後~一献です~

成果発表後はお約束、一献です🍺🍶寒い日なので鍋が。「もつ鍋」です。

Akes112

ここで一句✒

ひさしぶり もつ鍋つつき 温まり

Akes113

ということで今回のもつ鍋は「みそ」味でした。僕が学生の頃、福岡ではもつ鍋っていやしょうゆ味でしかなかったんですが、今はいろいろあるみたいですね。多様化の時代(^^;)

2024年2月 9日 (金)

いよいよ~愛車が突破!!!~

ということでカウントダウン

299990㌔

Akm11

299995㌔

Akm12

299999㌔

Akm13

ここで一句✒
いよいよです 元気なサンバー ここにあり

300000㌔

Akm14

乗って何年だっけ?今や貴重なサンバーのハコバン。ミッション!まだまだいけそうです(^^)/

2024年2月 7日 (水)

遅めの新年会。。。

久しぶりにこのメンバーで。あいかわらずの、なんてことない、たわいのない話を。でもこういった気楽な集いも必要です。

ここで一句✒

このメンバー 集まるときは いつもここ

Ataka27

今宵の一献もここで。若旦那が頑張ってくれました!(何を(笑))さてさて、、、その後。

2024年2月 6日 (火)

豊岡市商工会日高支部新春会員親睦会

先日、神鍋道の駅で商工会の会員親睦会が行われました。

Asho112

たくさんのご来賓のみなさんをお迎えし、盛大に盛会に行われました。今までは某ホテルで行われてましたが、今回は諸事情で道の駅で。一風変わった感じでよかったですよ!

Asho113

さて、親睦会ですが挨拶から始まり乾杯までの間、ながい(笑)M先輩!ながい!とはいっても、支部長ともなればいろんなお話をしなきゃいけないんでしょうね。

Asho114

さてさて、乾杯から歓談までとにかく美味しく楽しく。

Asho115

ここで一句✒

このあとは 楽しみ満載 抽選会

Asho116

来られた方みなさんになにかが当たる大抽選会が終わりのほうに。僕もイイもの頂きました。楽しさと笑顔があふれた親睦会でした。あ!そういえばAさん、最後の最後大トリを務めていただきご苦労様でした。

Aaa113

次回はタオルと音源、用意しときますね( `ー´)ノ

2024年2月 4日 (日)

大雪後・・・

先日の今冬最強寒波の雪の後、仕事で山へ行った際いい天気で思わず1枚。

Ayama112

ここで一句✒

土日なら もっと多い はずなのに

いい天気でさらに雪の後。土・日なら。。。(^^;)

2024年2月 3日 (土)

節分、そして立春

3日は節分。雑節のひとつ。二十四節気・五節句とはまた違う季節の移り変わりであります。

ここで一句✒

明日春分 春は目の前 季の区切

豆まきの声が聞こえてきそうな夜ですね。

2024年2月 1日 (木)

2月です

1月はいく、2月はにげる、3月はさる、といいますがその2月に入りました。節分を経て立春へと。春の訪れですね。その昔は節分を大晦日と見立てて、あくる日、立春をお正月と。

ここで一句✒

鬼は外 福は内にて 厄払い

ということで、鬼退治、厄払いの意味も込めて節分には豆まき、そして恵方巻で春を迎えましょう!

より以前の記事一覧