旅行・地域

2019年5月13日 (月)

いざ四国へ~さてさて最終章はうどん???~

最終章。。。

長々と書きましたがやはり〆はうどん。いろいろみて周りましたが並んでいるところもあり2時までとか看板に書かれているところもあり。ゆっくりできないぞ!ということで大きなお店の「セルフ」と書いてあるうどん屋さんへ。

さぬき麺輝屋さんというお店です。ではなにをしようか?と迷いながら僕は肉うどん。息子はあげがのったやつ。かみさんはふつうのかけうどんで。

Dsc_0808 Dsc_0809 Dsc_0811

んでサイドメニューも。僕はアジフライがあったので迷わず。

Dsc_0810

ここで一句✒
中にしたら とんでもない量 減りません!

小の息子とかみさんでも「けっこうあるで~」と。僕は余裕余裕、、、とか言いながらすすってもすすっても減りません(笑)でもやはり「うどん」です。満腹にはなりましたが胃もたれもなく心地よい昼食でした。

そして最後瀬戸大橋。ここはしまなみ海道と併せて息子とかみさんにとっては念願の場所。いい景色で最高の思い出になりました。

Dsc_0812 Dsc_0813 Dsc_0814

中ごろのSAで息子に

Img_4006

楽しかったか?うん、、、と。

また行こうね3人で、と。良い思い出になりました。おしまい(^^)

2019年5月12日 (日)

いざ四国へ~あくる日は瀬戸大橋をめざし~

さて翌日は。。。特に行程を決めていなくてどこでどうのこうのってのはノープラン。決まってるのは瀬戸大橋を渡って帰ることくらいでしょうか。

となれば、、、四国と言えばうどん。香川県をうどん県と認識している我ら一行が向かったのは丸亀市。松山から高速で大凡1時間半から2時間で到着します。坂出でおりて丸亀を一路めざし到着したのが「丸亀城」

Dsc_0799 Dsc_0798 Dsc_0800 Dsc_0801

とりあえず何かひとつは観光しようと。僕も息子もお城好きなので。

Dsc_0804 Dsc_0805

四国2つめのお城です。ここも山城。登るのがつらそうです。。。が天気もいいのでいざ!

ということで登りきる頃には「ぜぇ~ぜぇ~」かみさんにいたっては「話しかけんで(-_-)」と。

いや~しかし景色もよく瀬戸大橋までもが一望できます。

Dsc_0802

ここで一句✒
遠く見て なにを想う わが息子

Dsc_0806 Dsc_0807

遠くを見る目になにを想うんでしょうか?城主にでもなった気分でしょうか(^^)

Img_4003

最後に息子は嫌がってましたが顔出しでパチリ(-_-)

Img_3992

松山城に丸亀城といい景色に出会えました。

さて最終章へ。。。

2019年5月11日 (土)

いざ四国へ~松山での一献~

ということで今治から走ること1時間ほどで松山市へ入ります。じつはナビが高速を選ばずに気が付けば一般道を走ったので少し時間がかかりましたがまぁこれもま旅の余裕ということで。

Dsc_0788

さてさて、松山についてまずは息子が「松山城」にと。

松山城は宿泊先からすぐそば。裏に回りロープウェイで。

そこに行くまでに松山の物産館へ行きお土産を見ることに。

Dsc_0783 Dsc_0786

するとさっきあった蛇口ジュースが。おもわず「3人分」と。

そして一服した後松山城へ。

Dsc_0787

歩きに歩いて写真をあまりとってませんがこの景色。

Dsc_0789 Dsc_0790

思わず息子もジャンプ!さすがの息子もけっこう疲れた~と。。。

Dsc_0795

しかししかし子どもは元気。歩き疲れたと思いきや今度は「路面電車に乗りたい!」と。

Dsc_0794

いったい何往復?くらい乗りました。

Dsc_0792 Dsc_0791 Dsc_0793

道後温泉へも行きました。しかし全区間160円ってのは嬉しいですね。

んでやっと今宵の一献。

ここで一句✒
お魚が 美味いお店で 楽しんで

Dsc_0797 Dsc_0796

ということでなかなか美味しいお店でした。息子はぶりしゃぶまで。。。

Img_3991

んで松山の夜がふけていきます。。。つづく

そうそう、おまけですが松山城ではこんな演出も。

Img_3982

鎧をまとったスタッフさん。写真を撮ってませんがこのうしろには忍者までもが!人形かと思うくらいピクリともしないのに「どうぞお気をつけて」と話しかけられて。。。(@_@;)

Img_3983

走って逃げました(笑)

2019年5月10日 (金)

いざ四国へ~しまなみ海道おまけ~

そういやこんなのもみえました。

Img_3981f

おお!うわさの、、、と思わずパチリ。

そしてもう一個。

これまたうわさの

Dsc_0777rr

っと。。。じゃま!

Dsc_0778rr

ここで一句✒
蛇口から 出てくるジュース 有名な

ということでこれまたうわさの蛇口から出るジュースです。けっこうテレビなんかで取り上げられてましたね。。。

2019年5月 9日 (木)

いざ四国へ~しまなみ海道編~

息子とかみさんが「四国に行ったみたい」と。

Dsc_0775ee

僕は3度ほど上陸していましたがそれとて家族では一度たりとも。

Dsc_0781ee

特にしまなみ海道に対してのあこがれは2人にとってハンパなく。。。というのも九州に行くとき、そして帰るときに必ずその案内看板をスルーしているだけに気になっていて仕方なかったんでしょう。なので今回はしまなみ海道~今治を経て愛媛松山~善通寺で讃岐うどんを食べて瀬戸大橋を渡る四国北部縦断旅を決行。

Dsc_0765e Img_3971ee Dsc_0766e

ということでまずは「しまなみ海道」正式道路名は西瀬戸自動車道というらしいです。これがなかなかの景色。景勝地です。初めてわたる道路に3人で「きれいだな~」「わ!なにあれ?」などやかましい。。。(^^)サイクリングなどかなりの人が楽しんでらっしゃいましたね。

Dsc_0771ee Dsc_0773rr Dsc_0774ee

んでわたりきる頃昼時間。来島海峡SAに到着。ここで昼ごはん。ここは今治ってことで息子は焼き豚卵めしだったっけ?ご当地グルメを。僕はあっさりとあぶり焼き豚の塩ラーメン。かみさんも同じようなもののセットを。

Img_3974 Img_3980_1 Img_3978

ここで一句✒
今治は 初上陸です いいとこです

お世話になってるメーカーさんにいつかは来てよ、と言われながら内緒で伺いました(笑)というのも変に気を遣われるのも嫌なので。しかしなかなかの景勝地。いいとこですね。

Dsc_0780rr

んでこのあと松山へ・・・つづく

 

2019年4月 5日 (金)

水戸黄門???

この前息子が親父殿を引き連れ?京都へ。

というのも親父殿の姉が(龍野在住伯母にあたります)京都の病院に入院しておりまして。親父殿にとっては10歳ほど離れているいちばん上の姉。いつもこの伯母にだけは「ねぇちゃん、ねえちゃん」と子どものように接するやんちゃな弟。ってな感が否めません。

そんな伯母を見舞うのに昨年の末から幾度か京都へ行きましたが今回は息子を連れだって。

ここで一句✒
じいさんが 連れ立ってるのか いや違う

息子が手をひいてむかう姿のほうが似合いそうですね。こりゃさながら水戸黄門のようです(笑)

Img_393022

ひかえおろう~~~~~(^O^)

 

2019年2月20日 (水)

近場で海外旅行②

Dsc_0365eさてさて後編は。

ということで

今度は石エリアへ。

本当はここがメイン、

というか行きたかった場所です。

Dsc_0367eDsc_0366eまずは大きな

凱旋門をくぐり、

メキシコやらなんやらわけが分からないほどの

石像をみながら進みます。

Dsc_0371eDsc_0372rさらに進むと

イースター島の

モアイ像にも出くわしました。

そして目玉のひとつ

Dsc_0373rDsc_0374r「兵馬俑博物館」

ここには千体もの

兵馬俑のレプリカが並びます。

すごすぎて言葉になりません。

Dsc_0377rDsc_0378r映画を見ているような

錯覚にさえ陥ります。

その次はこれまたお目当てのひとつ。

「万里の長城」です。

Dsc_0379rDsc_03846Dsc_038566ここもまた。。。ひたすら歩きました。

しかしここまでのものを

造り上げるのにどれだけの時間と

費用を要したんだろう?

Dsc_0389ffDsc_0391ggすごい数の石像、

天安門広場、

そして頂上の頂と。

ここで一句

歩数から すれば3日分 歩いたな

Dsc_0392fDsc_0393ddDsc_0394wwとにかく歩きました

1万はゆうに超えていましたね。

いい運動になった1時間半ほどの世界一周でした。

が息子はこっちの方が良かったみたいで

Dsc_0362eみんなに自慢するんだと。

東洋大姫路の専用グランドです。

しかも練習をされてました。

ガンバレ、高校球児。

Img_3851fということで

息子は王子

になりました(笑)

えらそうに。。。

チャンチャン

2019年2月19日 (火)

近場で海外旅行①

Eee旅行ネタが続きます。

唐突ですが世界一周をしてきました。

とある場所で。

というのも山陽道を

Dsc_0346e西向走るたびに

白鳥PAあたりで

必ず目にするところです。

その名も太陽公園。

Dsc_0355e_2まずは城エリア。

ケーブルに乗ってお城へ。

こりゃスゲ~わ。なんだこりゃ。

小高い山の上にあるので見渡す

Dsc_0354eその景色も最高であります。

コワイくらいでありまして(笑)

んでお城の中は絵画や民族衣装、

トリックアートなどなど。

Img_3847eここで一句

不思議な絵 入り込んだら この始末 

ミレーの「落穂拾い」

って有名な絵画です。

これが大きなレプリカで壁に貼ってあり

トリックアートとなっています。

Img_3847yeさっそくかみさんに撮ってもらいました。

が。。息子が大笑いしながら

さすがわが息子。

やりやがったな(笑)

2019年2月17日 (日)

日高經友会研修旅行その⑦~最後はいいとこ行きましたね~

この編(辺)で終わりに。。。うまいこと漢字が。

Dsc_0338d23ということで最終目的地、

神戸にあります「竹中大工道具館」へ。

ここは会員のM先輩が仕事柄切望されてたところです。

新神戸から北東へわずかな距離にそこはあります。

Dsc_0339d23閑静な住宅街に

差し掛かろうかとする

その場所はとても静かで落ち着いており、

なにか厳かな雰囲気さえ漂います。

Dsc_0340d23_2そんな竹中道具館、

一歩踏み入れるとそこは

木の香る古来日本の本当の姿が。

木と共にその時代を歩んだ

Ddd23人間の生き様が

展示してあります。

あまりその業界になじみはありませんが、

そうではなく日本人として

Dsc_0342d23そこはとても

落ち着ける場所でした。

ここで一句

最終の 目的地では 酔いもさめ

Dsc_0343d23みなさん飲んだ分

こちらでさめたと思います。

そんな感じにさせるとてもいい場所でした。

最後にいいとこ行ったな

Img_8324qwというか帰りの車中

運転手とU先輩以外「爆睡」でした(笑)

そんなこんなの日高經友会研修旅行でした

2019年2月16日 (土)

日高經友会研修旅行その⑥~神戸南京町へ~

Dsc_0332a2お昼になりました、というよりか昼過ぎです。

歩いて行けるということもあり「神戸南京町」へ。

いわゆる神戸中華街です。

春節祭ということもありかなりの人出。昨夜の道頓堀、心斎橋とはまた違う賑わいです。大阪に比べてここは中華街ということもあるのかな?どっちかっていうと国内旅行者の方が多かったように思います。

ここで一句

さて昼は 中華料理を ガッツリと

Dsc_0333a2軒並み中華料理の

お店ばかり(当たり前)ですが

広東から四川、北京、上海、

フカヒレ専門店や飲茶のお店まで

Dsc_0335a2といった具合にその種類もさまざま。

よくわからないのでA会長の先導の下

「フカヒレ料理専門店 友好飯店」さんへ。

ハッキリ言ってうまい

Dsc_0336a2Dsc_0337a2美味すぎな料理の数々。

写真はほんの一部です。

おそらくお店の人は

「いかほど食うねんこの人たち

Dsc_0337a22_2Dsc_0336a22_2と思われたんでしょうね。

止め処なく。。。

つづく

より以前の記事一覧