旅行・地域

2019年4月 5日 (金)

水戸黄門???

この前息子が親父殿を引き連れ?京都へ。

というのも親父殿の姉が(龍野在住伯母にあたります)京都の病院に入院しておりまして。親父殿にとっては10歳ほど離れているいちばん上の姉。いつもこの伯母にだけは「ねぇちゃん、ねえちゃん」と子どものように接するやんちゃな弟。ってな感が否めません。

そんな伯母を見舞うのに昨年の末から幾度か京都へ行きましたが今回は息子を連れだって。

ここで一句✒
じいさんが 連れ立ってるのか いや違う

息子が手をひいてむかう姿のほうが似合いそうですね。こりゃさながら水戸黄門のようです(笑)

Img_393022

ひかえおろう~~~~~(^O^)

 

2019年2月20日 (水)

近場で海外旅行②

Dsc_0365eさてさて後編は。

ということで

今度は石エリアへ。

本当はここがメイン、

というか行きたかった場所です。

Dsc_0367eDsc_0366eまずは大きな

凱旋門をくぐり、

メキシコやらなんやらわけが分からないほどの

石像をみながら進みます。

Dsc_0371eDsc_0372rさらに進むと

イースター島の

モアイ像にも出くわしました。

そして目玉のひとつ

Dsc_0373rDsc_0374r「兵馬俑博物館」

ここには千体もの

兵馬俑のレプリカが並びます。

すごすぎて言葉になりません。

Dsc_0377rDsc_0378r映画を見ているような

錯覚にさえ陥ります。

その次はこれまたお目当てのひとつ。

「万里の長城」です。

Dsc_0379rDsc_03846Dsc_038566ここもまた。。。ひたすら歩きました。

しかしここまでのものを

造り上げるのにどれだけの時間と

費用を要したんだろう?

Dsc_0389ffDsc_0391ggすごい数の石像、

天安門広場、

そして頂上の頂と。

ここで一句

歩数から すれば3日分 歩いたな

Dsc_0392fDsc_0393ddDsc_0394wwとにかく歩きました

1万はゆうに超えていましたね。

いい運動になった1時間半ほどの世界一周でした。

が息子はこっちの方が良かったみたいで

Dsc_0362eみんなに自慢するんだと。

東洋大姫路の専用グランドです。

しかも練習をされてました。

ガンバレ、高校球児。

Img_3851fということで

息子は王子

になりました(笑)

えらそうに。。。

チャンチャン

2019年2月19日 (火)

近場で海外旅行①

Eee旅行ネタが続きます。

唐突ですが世界一周をしてきました。

とある場所で。

というのも山陽道を

Dsc_0346e西向走るたびに

白鳥PAあたりで

必ず目にするところです。

その名も太陽公園。

Dsc_0355e_2まずは城エリア。

ケーブルに乗ってお城へ。

こりゃスゲ~わ。なんだこりゃ。

小高い山の上にあるので見渡す

Dsc_0354eその景色も最高であります。

コワイくらいでありまして(笑)

んでお城の中は絵画や民族衣装、

トリックアートなどなど。

Img_3847eここで一句

不思議な絵 入り込んだら この始末 

ミレーの「落穂拾い」

って有名な絵画です。

これが大きなレプリカで壁に貼ってあり

トリックアートとなっています。

Img_3847yeさっそくかみさんに撮ってもらいました。

が。。息子が大笑いしながら

さすがわが息子。

やりやがったな(笑)

2019年2月17日 (日)

日高經友会研修旅行その⑦~最後はいいとこ行きましたね~

この編(辺)で終わりに。。。うまいこと漢字が。

Dsc_0338d23ということで最終目的地、

神戸にあります「竹中大工道具館」へ。

ここは会員のM先輩が仕事柄切望されてたところです。

新神戸から北東へわずかな距離にそこはあります。

Dsc_0339d23閑静な住宅街に

差し掛かろうかとする

その場所はとても静かで落ち着いており、

なにか厳かな雰囲気さえ漂います。

Dsc_0340d23_2そんな竹中道具館、

一歩踏み入れるとそこは

木の香る古来日本の本当の姿が。

木と共にその時代を歩んだ

Ddd23人間の生き様が

展示してあります。

あまりその業界になじみはありませんが、

そうではなく日本人として

Dsc_0342d23そこはとても

落ち着ける場所でした。

ここで一句

最終の 目的地では 酔いもさめ

Dsc_0343d23みなさん飲んだ分

こちらでさめたと思います。

そんな感じにさせるとてもいい場所でした。

最後にいいとこ行ったな

Img_8324qwというか帰りの車中

運転手とU先輩以外「爆睡」でした(笑)

そんなこんなの日高經友会研修旅行でした

2019年2月16日 (土)

日高經友会研修旅行その⑥~神戸南京町へ~

Dsc_0332a2お昼になりました、というよりか昼過ぎです。

歩いて行けるということもあり「神戸南京町」へ。

いわゆる神戸中華街です。

春節祭ということもありかなりの人出。昨夜の道頓堀、心斎橋とはまた違う賑わいです。大阪に比べてここは中華街ということもあるのかな?どっちかっていうと国内旅行者の方が多かったように思います。

ここで一句

さて昼は 中華料理を ガッツリと

Dsc_0333a2軒並み中華料理の

お店ばかり(当たり前)ですが

広東から四川、北京、上海、

フカヒレ専門店や飲茶のお店まで

Dsc_0335a2といった具合にその種類もさまざま。

よくわからないのでA会長の先導の下

「フカヒレ料理専門店 友好飯店」さんへ。

ハッキリ言ってうまい

Dsc_0336a2Dsc_0337a2美味すぎな料理の数々。

写真はほんの一部です。

おそらくお店の人は

「いかほど食うねんこの人たち

Dsc_0337a22_2Dsc_0336a22_2と思われたんでしょうね。

止め処なく。。。

つづく

2019年2月15日 (金)

日高經友会研修旅行その⑤~場所を神戸へ~

Dsc_0318a2Dsc_0319a2そんなこんなで

2日目昼前、

大阪から神戸へ移動

Dsc_0316a2阪神高速神戸線で

一路ポートタワー周辺を

目指します

ここでの目的地は

「カワサキワールド」

そうです、動力の基本ですね。

いろいろなエンジン、

Dsc_0317a3動力を作ってる会社です。

その種類は

まぁよくわからないのでみてください。

新幹線始めあらゆる鉄道関係

Dsc_0320a2Dsc_0321a2Dsc_0322a2バイク、水上バイク、

え~っとヘリコプターに

潜水艦やらあらゆる船舶、

え~っとえ~っと

Dsc_0323a2Dsc_0324a2Dsc_0325aa2あげだすとキリがありませんので

もうこの辺にしておきます。

写真をいっぱい撮ってきたので

みてください。

Dsc_0326a2Dsc_0327a2Dsc_0328a2なつかしの

0系新幹線。

車内も。

ここで一句

見ることも できない0系 新幹線

Dsc_0329a2Dsc_0330a2Dsc_0331a2もう走ってる0系を

見ることができません。

いつぞやからみなくなりました。

僕が初めて乗った新幹線はこれでした。懐かしいですね。

全体的な感想としてはバイクの催しをやってたということもありますが、やはりバイク色が濃いメーカーさんですね。僕はバイクはよくわかりませんが「NINJA」ってのは昔から知ってました。かっこいい

ということでお昼になりました。

つづく

2019年2月14日 (木)

日高經友会研修旅行その④~2日目スタート~

さてさて、後編に入ります。

Dsc_0308av2日目、朝から「ごはんはどこで?」

「コーヒーも・・・」とかブツブツ言いながら

次なる目的地大阪くらしの今昔館へ。

ここは大阪天神橋筋6丁目、いわゆる「てんろく」にありまして。

Dsc_0304avその商店街、アーケードの雰囲気がとてもいい。

何度か来ていたのでなんとなくですがおぼえていて。

JR天満駅周辺、いいですね。写真はありませんが(写真は関テレ)

さて、その入り口にありますビルのなかに大阪くらしの今昔館があります。

B_2ここは昔ながらの大阪の風景、

そこに暮らす人たちの様子などが

展示されています。

驚きなのはこのビルの中に

Dsc_0310avこんな街が再現されてるんです。

これは京都太秦映画村の

セットの縮小版のような。

よくできてるな~と感心しきり。

Dsc_0311abここで一句

大阪の 今と昔を 感じます

うちは元々大阪からの疎開組なので

なんとなくですがこんなだったのかな?

AbDsc_0312ab_3と想像してしまいます。

それに当時の住所を

おぼえているので昭和初期の

地図を見ながらこのへんかな?

Dsc_0315abDsc_0314abとか言いながらみてると

MくんYくんに「沈んでますよ、とっくに

と嫌味を言われてしまう始末でした。。。

このあと一行は次なる目的地、神戸へと。

つづく

2019年2月13日 (水)

日高經友会研修旅行その③~ここはどこよ?~

さてさて3部目は。

Dsc_0293ab焼肉でお腹もふくれ

疲れ果てた一行が向かったのは

少し運動をいや勉強をということで

本町にある大阪産業創造館内

Dsc_0292avC企業家ミュージアムへ。

また勉強です(笑)

ってそんなに勉強するわけもなくそこそこにして

南森町にあるホテルへほどなく移動。

とりあえずチェックイン後しばし休息食べ過ぎで疲労が、ではなくて午前中に一生懸命研修を受けたということもあり疲れ果てていまして(笑)

Dsc_0295av6時過ぎロビー集合後心斎橋の宴会場所まで地下鉄移動。

ここで乾杯、一献です。

お店は九州のお料理を出すお店。

ここで一句

大阪の 心斎橋で このお店

Dsc_0296av大阪でなんでこのお店チョイス?

と思いましたが、まぁそこはそこ。

さすが九州料理店。もつ鍋、

鉄なべ餃子に辛子蓮根、酢もつに明太子。

Dsc_0298avDsc_0299av_3Dsc_0301avさらには

、、、いろいろと出ましたが

おぼえてません。

ただひとつだけ「醤油」が甘くなかったのが残念でした。

Dsc_0302avということで

この後は夜の町

とふけていきました

夜夜中もかなりの人。

ひと・ひと・ひと。

Dsc_0303av海外旅行者ばかり。

お祭りですね、

毎晩毎夜。

僕らもお祭りへ(笑)

つづく

2019年2月12日 (火)

日高經友会研修旅行その②~昼から。。。~

Dsc_0282acさてさて続きは。。。

研修も終わりお昼に。

いちおう旅行なんでご当地ものを

ということで一路鶴橋へ。

車で15分ほどで到着(研修は生野区巽中だったかな?)。

Dsc_0283ac近鉄沿線鶴橋駅

近くの焼肉屋「焼肉の吉田 本店」さんへ

お腹もすいててどれだけ食えるか。。。

ではありませんがお昼にけっこうな量を

ガッツリいただきました。

Dsc_0286acDsc_0288acDsc_0290ac乾杯は僕はいつもの。。。

いやここは黒烏龍茶。

健康的に脂を落としながら(笑)

そして玉ねぎサラダなるものも

(今さらおせ~よ(笑))

Dsc_0285acここで一句

お昼から こんなに食べて どうなるの?

そうです、夜は夜で宴会場所を設けており、、、4時間後くらいには宴会スタート予定。食えるんか飲めるんか

Dsc_0291acDsc_0289acしかしけっこう美味しかったですよ。

肉も上質、たれもあっさり。

さらにはサイドメニューも充実。

また行きたいですね

つづく

2019年2月11日 (月)

日高經友会研修旅行その①~マジメに研修編~

暖かい日が続いた先週。

さすがは立春と思わせんばかりの気温や空模様。

そんな中日高經友会の研修旅行で大阪へ行ってきました。

そんな中といいたいところだったのですが、その日から今冬最強寒波が( ´△`)

Dsc_0280ax_2まぁ大阪方面なのでそこまでの

心配はしていませんでしたが、

いかんせん寒い雨も雪もないとはいえ

寒風がなかなかきつい。

Dsc_0275axそんなことを嘆きながら

(但馬に比べれば大したことはないんですが)

一路大阪へ

日高から豊岡道を南下。

Dsc_0278ax春日から舞鶴道、

中国道を経て

阪神高速で市内入り。

実はこの日は大阪のとある企業で

Dsc_0281ax研修を受ける日程になっており

(真面目に研修にも参加しますよ)朝6時30分出発、

9時過ぎには到着予定でしたが(´д`|||)阪神高速でよもやの渋滞

事故なども合間って渋滞予測をはるかに上回り

ここで一句

仕方ない 飛行機でも観て  落ち着こう

Aaxということでバタバタしても

致し方ありません。

空港を横目に飛行機ウオッチングですね。

Dsc_0277ax結局ちょっと遅刻。

すみませんでした。

しかしいい勉強ができましたよ。

ということで勉強終了。お楽しみはこれから。

つづく

より以前の記事一覧