« 親父のはなし① | トップページ | 親父のはなし③ »

2019年1月13日 (日)

親父のはなし②

昨日の続きであります。

親父の口癖に今までに2度死んだ目にあって、と話します。

その第一弾ですが。

親父殿の出生は18年1月11日。いちおう戦中生れということになります。産まれたのは大阪の此花区。今のUSJあたりか?と聞いても記憶にない、と。10以上離れている伯母と伯父に聞けばなんとかなるんでしょうがそこまでは。

戦中の大阪と言えばかなり人が多く(今でも多いが)市内どこに行ってもごった返しているような状態。そんななかで親父殿は産まれてすぐに腸チフスという病気にかかって長きにわたって入院したと。今でこそその治療環境も良くなり対処も良くなったんでしょうが、その当時の病院ってのはそれこそ想像するに

ここで一句

そこそこに 大変だった ことだろう

と思い、そりゃ大変だったな~というと「おぼえて~へん」と。まぁそりゃそうか。記憶の中に疎開したことさえ憶えてないみたいなので。。。

« 親父のはなし① | トップページ | 親父のはなし③ »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親父のはなし① | トップページ | 親父のはなし③ »