« 經友会旅行記⑥ | トップページ | 經友会旅行記⑧ »

2016年3月 7日 (月)

經友会旅行記⑦

さて2日目。

玉造からひたすら一路西へひた走ります。大田市を目指して。

Dsc_1575Dsc_1576Dsc_1578島根大田と

言えばそうです、

世界遺産に認定された石見銀山であります。

Dsc_1583Dsc_1586Dsc_1587歴史に非常に

興味のある僕は

ここも楽しみにしていた場所。

Dsc_1590Dsc_1594Dsc_1597その銀山の山々、

そして街並み、

戦国時代後期から興るその銀山の歴史。

Dsc_1599Dsc_1604Dsc_1608争奪戦から

幕府による運営、

そして明治以降その衰退とその終焉の歴史。

Dsc_1650Dsc_1651なにか、こう日本の古き重き時代の

象徴のように感じますね。生野銀山しかり。

重文の家々が立ち並ぶその道はまさにときが止まったかのようでありまして。

Dsc_1652このような立派な

豪商の住宅も

重要文化財として

指定されてその歴史を

物語っております。

さらに驚きなのは

山陰合銀さんの支店(?)

Dsc_1614_2Dsc_1615出張所(?)出先(?)

これもまた石見ならではですね。

ここで一句pen

清い朝 静かに眺める 石見の街

Dsc_0006いい天気で

さらには澄んだ空気、

そして静かな朝の中で

歩いた石見。

いい思い出になりました。

つづく。。。

« 經友会旅行記⑥ | トップページ | 經友会旅行記⑧ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

2日間みなさんいろいろお勉強されましたね。
Wさんに言っておきましたが、ガイドを活用してもらえましたか。
「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、ガイドなしでは世界遺産の半分も楽しめませんから。

izayamikiさんへ
ガイドもお願いしました。
おかげでいろいろ勉強になりました。
笑えたのがガイドさんもWさんって方でした。

それはよかったです。
ガイドの会会長Aさんは私の大学の一年先輩で、Oさんは3年後輩です。
関連する文化や接客など継続的に学んで、ガイドの質を高めるよう努力されています。

なるほど。
そういったことでしたか。
しかし、時が止まってるかのようで
かなり気持ちがゆったりとして
本当に勉強とリフレッシュができました。
代官所跡地の資料館も本当に勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 經友会旅行記⑥ | トップページ | 經友会旅行記⑧ »