« 誰?(-_-) | トップページ | クレソン蕎麦を »

2016年3月26日 (土)

スタートダッシュで行ってきました

Dsc_0077先日わざわざチラシを

持ってきてくださたこともあり

「但馬をかけ抜けた特急・急行列車」

ミニ企画展に行ってきました。

行ってきましたというほどの

距離ではありません。

店から道をはさんですぐそこ「豊岡市立歴史博物館」。

Dsc_0079Dsc_0080目の前でありまして。

そらこんな近くでこんな催しが

あると息子は毎日でも通ってしまいます。

それはそれで困りものですが。。。

Dsc_0081Dsc_0082Dsc_0097そういや去年は

1日に2回

(昼ご飯をはさんで)行ったりと。

Dsc_0093Dsc_0094Dsc_0095僕はいっしょに

行ったことがないので

知りませんが、そういえば親父殿と母上は

Dsc_0096Dsc_0098Dsc_0100「もう、この子は

長い。。。

しかも集中しちゃって言うことを聞かない・・・」とこぼしていたのを思い出しました。

Dsc_0101Dsc_0102Dsc_0103ということはなかなか

帰んないんでしょうね、

とは思いながらせっかくなのでお伺いすることに。

ただし行く前に時間の約束を。30分だけな、また4月10日まではいつでも来られるから、と念押し。息子も「了解しました~」と。ほんまにわかってんのか???

さてさて、3連休の初日、どうかな?

僕らだけでありました。

Dsc_0083まぁおかげさんでゆっくり見られましたし、

走らせることもできたので。

今度は自分のを持ち込んで、、、とか息子はブツブツ。。。

Dsc_0090Dsc_0085僕は僕で懐かしい

列車のパネルを。

はまかぜ、はまだ現役。

今でもその雄姿を

見ることはできますが

車輌は新車両になったのでこの当時を思い出します。

似たようなのでいえばこの「あさかざ」「まつかぜ」

Dsc_0084Dsc_0086_2本当に懐かしい。

僕は「はまかぜ」より

この「まつかぜ」が

大好きでありました。

長い長い車両編成と

そして食堂車があったように

記憶しています。

今は山陰地方でその名前は残ってるようでありまして。

そして但馬号に寝台特急出雲。

Dsc_0087Dsc_0089_2懐かしいですね~。

息子はまったく知らない

車輌ばかりではありますが

僕の懐かしそうな顔を

見るといっしょに嬉しそうに

ここで一句

あの頃の 但馬をかける 列車たち

やはり血は争えないようで。。。

息子の列車好きにも拍車がかかってきました。

Dsc_0091Dsc_0104さてさて、30分たったぞ

帰るぞやはり先述したとおり

「もうちょっと」「これ読んだら」「あともう一回」を連発

もう連れてこんぞと一喝息子は仕方ねぇ~なぁ~などと悪態をつく始末。楽しく過ごせた30分でした。みなさんもぜひ行かれてみてください。この企画展のみの入場は無料のようです。

僕と息子だけなのにわざわざ職員さんが出てきてくださって。。。申し訳ありませんでした。ありがとうございました。また息子はお伺いすると思いますが。。。

« 誰?(-_-) | トップページ | クレソン蕎麦を »

趣味」カテゴリの記事

コメント

いや懐かしいですね。
どの急行も乗ったことがあります。
印象的なのは播但線経由の但馬号、たしか山陰線経由の準急白兎もありました。
今の「はまかぜ」、「きのさき」のご先祖でしょう。
東京へ向かうときはいつも出雲、学生時代は普通車、卒業してから寝台車に乗れるようになりました。

この際お店に展示させてもらったら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰?(-_-) | トップページ | クレソン蕎麦を »