« 台湾へ | トップページ | 高いところは・・・ »

2014年6月13日 (金)

坐禅とは・・・

140612_182901その堂々たる、

石垣にはさまれた

門をくぐると

そこには

140612_182902荘厳な

山門が控えており、

その山門に圧倒されながら

前へ前へ。

140612_183001その

すばらしき

敷石の参道の奥に目を見やると

そこには

140612_183002本堂が控えております。

こちらは曹洞宗、ボタン寺としても名高い

「隆国寺」さんであります。

とある会で坐禅を申込み、その例会日でありました昨日、お伺いしました。

とかいいながら、実は檀家であります僕は、村のお付き合いもあり、よく知ったお寺さん。しかしながら改めて見るに、さらに素晴らしきかな、であります。

140612_183301さてさて、準備も整い、

あとはみなさんが来られて、

例会が始まるのを待つばかりです。

と、

140612_183501坐禅を体験させていただく

本堂内部であります。

恥ずかしながらじっくり腰を据えてってのは、おそらく初めてではなかろうかと。

檀家でありながらお恥ずかしい・・・。

坐禅も初体験であります。息子は保育園、幼稚園で取り組んでることもあり、何度かおじゃましてますが、息子に先を越されるてるとは。。。トほほ。

んで、こっからは例会スタートでありまして、写真を撮る暇なんぞはありません。精神修養、鍛練という意味と、自己を見つめなおすいい時間を、と。

ここで一句pen

静かなる 時を過ごして 洗われる

洗練された気持ちとはこういったことを言うんでしょうね。

140612_210101坐禅のあと

ご住職の奥様に

抹茶を頂きました。ありがとうございました。

園長先生、いやご住職、ありがとうございました。

« 台湾へ | トップページ | 高いところは・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾へ | トップページ | 高いところは・・・ »