« 子供は素直が1番 | トップページ | 季節を感じた1日でした »

2013年4月18日 (木)

ながれとは…

9時前に学校から会議終わりで帰ってきて、遅い晩御飯riceballを食べながら見るのはプロ野球baseball

このへんは親父であります。がプロ野球好きでありますので致し方ありません。ほとんどうんちくだらけのプロ野球講釈師。

しかしながら巨人がまたまた阪神を突き放しておりまして…sad。甲子園で3タテはよかったが今度は逆にやられてしまっておりまして。まぁ見る気が失せて(>_<)

かたや楽天ソフトバンクは面白い試合。なんだけど途中地震dangerにより中継tv中断。

仕方なく食事後、風呂spaへ。

んでもうすべての中継も終わってるであろうつもりで、お得意のCS放送を。なんとヤクルト中日が延長11回。しかも解説を聞くに岩瀬で逃げ切れなかった中日。なかなか面白い。見ていると問題のシーンが(・_・;)

11回表、中日の攻撃中、ランナー1、2塁でバッタールナ。引っかけのボテボテサードゴロ。名手宮本。下がりながらバウンドを合わせ捕球、セカンドへ。これはセカンドホースアウト。と、思いきや判定はセーフ(>_<)

これにはヤクルト内野陣ガックリdownshockしかしながらその隙間をぬって一気にランナー生還。結局これが勝ち越し、決勝点に。これにはヤクルト抑えのバーネット怒りpout心頭!!その判定にマウンドからの抗議。しかしながらプレーを止めるわけにはいかず(ベンチから誰も出てこないし…sweat02)続けざまの投球。これではコントロールも定まることなくあえなく3ランホームランをあびるはめに。これはひどい。しかもバーネットはまだまだ怒りがおさまらず。

解説金村さんもあれじゃおさえなきゃ退場になりますよ!(°□°;)と。

そんなこんなで11回裏ヤクルトの攻撃。なんと三振三振、ヒット四球とは続きましたがその後簡単にレフトフライ。THE  END  (@_@)

こりゃヤクルトファンには今年忘れられない試合となるでしょうね。いや〜なんかあったら(例えばあの試合がとかCS進出がかかった中での話の中であの試合が…とか)あの試合がとか言われる、今シーズンの語り草となることでしょう。それだけすごい試合でした。

しかしホームではありましたがヤクルトは倍疲れる試合だったかと。

ここで一句pen

審判も  なんだかんだ  人の子です

そういうことです。審判の判定は神が裁くわけでも、石ころが立っていて見ているわけでもないんです。人間のすることです。致し方ありません。ヤクルトには切り替えて明日から頑張っていただきたいものです。

ただ悔やまれるのは宮本が握り直したりファンブルしたりした場合ならセーフと見られるんですが…。なんとも(゜∇゜)複雑ですね。

ちなみに試合時間5時間3分(-.-)zzZ

ワンプレーでこのながれ。人の為すことのながれとはこういったものなのかな。

« 子供は素直が1番 | トップページ | 季節を感じた1日でした »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

確かにそうですね。
野球でのビデオ判定はホームランとポール際のファールかホームランかだけでしたよね。

 誤審によってゲームが壊れることがあり、残念なのはサッカーも野球も同じです。ただ、激昂しているチームメイトがいるのに周りは見殺しとは・・・。チームの士気にかかわりますよね。
 メジャーでもおそらく選手が間違えていると思っても、監督がかわりに怒って選手の信頼とチームの結束を保つのが普通でしょうね。そういう意味でヤクルトの監督は・・・・。


まあ、栄治さんしょうがないですよ。

今年は巨人が独走。そのままCSも勝つと決まっています。

私の興味は阪神の若手が育って行ってくれるか。
それのみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供は素直が1番 | トップページ | 季節を感じた1日でした »