« 世界に一冊だけの本~著者、ぼく~ | トップページ | いい天気が続きますねぇ〜鯉が元気に〜 »

2011年5月14日 (土)

但馬の歴史について

いい天気sunです。朝からいい天気です。昨日もよかったのですが、今日は黄砂もなくすっきりと晴れ渡っています。気持ちいいですね~。

とそんなこんなで(前文関係ないですが)息子は風邪downを引いています。先日から咳がコンコン。昨日は熱が出てきました。しかしながら38℃ちょっとなんで元気に耐えています。今朝は咳も減ってきてなんとか。もう少し熱があるくらいで今日中に治そうねと。

本題ですが来月の青年部6月例会にわが経営委員会は研究発表をします。そのなかで僕は但馬の歴史についての担当。ちょうど先日但馬の歴史の本を買っていたので役に立ちそうです。さらに店の目の前には国分寺資料館。こりゃ強い味方がわんさか。

しかしながら…何の歴史について調べようかな???

ここで一句pen

晴れ渡る 空の下では こいのぼり

うん、きれいです。もう夏ですね~catface

« 世界に一冊だけの本~著者、ぼく~ | トップページ | いい天気が続きますねぇ〜鯉が元気に〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

まずはどの時代を狙うかですね。

天のヒボコとかの神話のとこらも面白いですし、天平の頃の国分寺とか中央(京都)と但馬とかの関係とか戦国時代の鳥取攻めの道中なところとか。そういや生野銀山も信長的に鳥取攻めは大きなポイントだったとか。レアメタルに絡めて鉱山ものも面白いかも・・・

あ、明治維新の頃の生野義挙とかその当時の人物や鉄道話もなかなか・・・歴史話は私も好きです。

Re>ガリュウさんへ
適切なアドバイスありがとうございます。
鳥取攻めにしてみましょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界に一冊だけの本~著者、ぼく~ | トップページ | いい天気が続きますねぇ〜鯉が元気に〜 »