« 昨日の負けはイタイ~自力V消滅~ | トップページ | 博多祇園山笠フィナーレ »

2009年7月14日 (火)

歴史ロマン~但馬国府・国分寺館~

カテゴリーが若干ずれてますが、文化・歴史文学とでもいいましょうか。昨日は所属する会の例会が但馬国府・国分寺館であり、歴史、史跡について勉強してきました。講師に館長でいらっしゃる加賀見省一氏に依頼して貴重なお話を1時間30分程度お話いただきました。前半は9月の6日までの期間にアメノヒボコ考古学という企画展をされていてそれに係る但馬の考古史跡のお話、後半は伊能忠敬の見た但馬というお話をしていただきました。歴史好きということもあいまって目を離せない講演、お話でした。非常に勉強になりました。国分寺館は2回目だったんですが、今後また訪れる機会があるかと。本当にありがとうございました。Hさんお世話役ご苦労様でした。あ!Aさんpigもでしたね。

ここで一句pen

考古学 掘れば掘るほど 奥深い

昔々のことですので非常に深いです。新しいものがでてくればその度に変わっていきますからね。面白いです。ロマンを感じずにはいられませんね。

« 昨日の負けはイタイ~自力V消滅~ | トップページ | 博多祇園山笠フィナーレ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

昨日はご苦労様でしたpig
さすが歴史好きの栄治さんだけあって、真剣な眼差しは日ごろ見る事のない状況でしたeye
それに質問もさすがsign03って感じでしたよcoldsweats01

 私はまだ国分寺館に行ったことがありません。写真を交えて次回はご紹介下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の負けはイタイ~自力V消滅~ | トップページ | 博多祇園山笠フィナーレ »